故障で諦める前に!実績確かな修理屋の探し方

あなたの街の自動車屋さん

「何か調子悪いな」と思ったらどこで修理しますか。

自動車修理を請け負う街の修理屋さんについて、皆さんはどんな故障でも直してしまう…、と思っているかもしれないですね。でも実はそれぞれ専門分野があるのです。その点をしっかり理解していると修理を依頼する先も選びやすいかもしれませんね。自分の車のどこが悪いのか把握することで効率的にできると思います。

それぞれの分野で活躍している

先ほど挙げたそれぞれの専門分野、一つだけに特化している修理工場は少ないと思います。いくつか近しい分野を合わせてやっているようです。もちろん、街の修理工場でも規模の大きな工場になれば総合的にほぼ全部をやれるところもあるでしょうが、多くの工場はそうではないのです。

工場の経験を訊いてみると

街の修理工場にそれぞれの専門分野、得意分野を訊いてみるとやはりそれぞれに分かれているという答えになってきます。なので自分の車のどこが調子が悪いのかはっきりとさせてから、そこの専門分野に強い修理工場を選ぶのがいいでしょう。間違ったところに行くと時間をロスしてしまいます。

修理屋さんの専門分野

自分の車が故障かなと感じた時にディーラーに行く人が多いのではないでしょうか。そこで車の調子を話して、実際に見てもらい、乗ってもらって本当に調子が悪いのかどうかはっきりさせて、故障だとなったら修理代等の見積もりをして、という流れだと思います。
その際に「故障とは思えないので修理にはなりません」となる場合もありますよね。
だけど実際に普段から乗って使用しているとどうしても違和感が除けないのに、と思う時もあるのではないでしょうか。
そんな時は自分で街の自動車修理工場にもっていくのも手かもしれません。いわゆる「街の自動車屋さん」ですが、実は意外と身近なところに有ったりするものです。
普通の家のガレージが修理場だったり、農家の牛舎を改造して修理工場にしていたりするところが有ったりなどバラエティに富んでいます。そう、街の風景に溶け込んでるのですね。もちろん、いかにも自動車修理工場だよと遠目からでも一目でわかるところもありますが。実はディーラーに出しても場合によっては修理工場に出されることもあるようですよ。
こんな風に存在感がバラエティに富んでいるだけでなく、一口に自動車修理工場と言っても実は得意分野があるのです。専門分野と言ったほうがいいかもしれませんね。
聞いたことありませんか?「鈑金」「塗装」「シャシー」「電装系」といった言葉を。これらはその専門分野がわかる言葉です。
調子の悪いところが分かればその専門分野の修理工場にもっていくと話が早いかもしれないですよね。